<< <普天間移設>首相、地元説得の継続確認(毎日新聞) | main | 事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「宮崎牛」種牛49頭、口蹄疫疑いで殺処分へ(読売新聞)

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県は16日未明、新たに同県川南町と高鍋町の計10農家・施設の牛と豚が感染した疑いがあると発表した。

 高鍋町の施設は県家畜改良事業団。県は13日から14日にかけて、移動制限区域内にある同事業団の種牛6頭を区域外の同県西都市に移したばかり。

 家畜伝染病予防法に基づく移動制限区域内では、家畜の移動が禁止されるが、県のブランド牛「宮崎牛」の生産に欠かせない優秀な種牛を保護するため、県の要請を受け、国が特例として6頭の移動を認めた。

 同事業団では種牛を55頭飼養していた。同事業団に残っていたこのほかの種牛49頭は、すべて殺処分の対象となった。移動させた種牛に今のところ、感染は確認されていない。

 県の発表によると、陽性と判明したのは、同事業団を含め9農家・施設の牛と1農家の豚。13日から14日にかけ症状が出たという。

 これで発生(疑い例も含む)は1市3町の101施設に拡大し、殺処分される牛と豚は計8万2411頭になった。

初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
アヘン原料、「不正ケシ」自生拡大 判別難しく 強い繁殖力 都内に300カ所(産経新聞)
東国原知事、口蹄疫拡大で「非常事態宣言」(読売新聞)
北朝鮮で生存確認、「寺越さん死亡」を取り消し 海保(産経新聞)
口蹄疫対応で疲労困憊…東国原知事「けんか売ってるのか」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 03:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵
債務整理 無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM