<< <大麻吸引>中学生4人を児相に通告 大阪(毎日新聞) | main | <掘り出しニュース>ホワイトデー まんとくん、蓮花ちゃんにお返しの和菓子(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


四国南西部で「ゆっくり滑り」=大地震のリスク小さく−国土地理院(時事通信)

 国土地理院は5日、四国の南西部(愛媛、高知両県西端)から豊後水道にかけての地下20〜30キロで、プレート境界がゆっくり滑る「スロースリップ現象」が昨年秋から起きていると発表した。全地球測位システム(GPS)を利用した電子基準点の観測で判明した。
 同現象は1997〜98年と2003〜04年にも数カ月ずつ発生。この現象が起きると、大地震のリスクが小さくなると考えられるという。
 四国南部周辺の地下では、海側プレートが陸側プレートの下に沈み込み続けている。このプレート境界が固まり、エネルギーが長年たまってから一気に滑ると、南海地震のような大地震となる。逆に、ゆっくり滑ってエネルギーが徐々に解放されると、大地震が起きにくくなる。
 過去2回のスロースリップの際には、プレート境界が最大約20センチずつ滑り、解放されたエネルギーはマグニチュード(M)7.0相当と推定された。今回の滑り量はまだ約4センチで、M6.3相当とみられ、しばらく続く可能性があるという。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
三菱マ、チリ大地震で義援金20万ドル

日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
密室”批判受け、温暖化対策基本法案の閣議決定先送り(産経新聞)
大手出版社がキンドル接近? 電子出版フィーバー始まる(J-CASTニュース)
小林議員進退「本人の意思」=首相が認識−参院予算委(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 03:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵
債務整理 無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM